1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「先生、ぼく、きょう生まれたんだよ」

2020.05.06

「先生、ぼく、きょう生まれたんだよ」

と、ミツオくんが、嬉しそうに話しかけてきました。

そこで、私が、「そう。ミツオくんも生まれたときは、ほんとうに小さかったんだろうな。それが、おとうさんやおかあさんのおかげで、こんなに大きくなったんだね。どれくらい重くなったのか、先生が、はかってあげよう」

と、言いながら、ミツオくんを抱きあげました。

ミツオくんは少しはずかしそうに笑っています。

それを見た子どもたちは、歓声をあげました。

そこで、私は、ミツオくんを抱きあげたまま、子どもたちに、

「これから、先生がミツオくんを抱いたままみんなの前を通るから、ひとりずつ、ミツオくんと握手して『おめでとう』を言って、お祝いしてあげようね」

と、話しますと、子どもたちは手をたたいて喜びます。

私は、ミツオくんを抱いて、みんなの前を通りました。

子どもたちは、ミツオくんと握手をして『おめでとう』と言いました。

そのたびに、ミツオくんは『ありがとう』とお礼をしていました。

みんな、ほんとうに嬉しそうでした。

私は全部の子どもの前を通ってから、ミツオくんを席まで、抱いていきました。

そして席におろして、私も握手をしながら「お誕生日おめでとう」と心から祝いました。

ミツオくんは顔をまっ赤にしていました。

そして、にこにこ笑っておりました。

そのあくる日、ミツオくんのおかあさんから、手紙をいただきました。

「ミツオは毎日学校から帰ってまいりますと、よほど疲れるのか、『ただいま』という声も聞こえないくらい小さい声です。

そして、座敷にあがってくるなりごろんと横になってしまいます。

ところが、きょうはずいぶんかわっていました。

『ただいま』という声も、びっくりするような大きな声です。

そしてハアハア肩で息をしながら、私のそばに走ってきて『おかあちゃん、ぼくね、先生に抱いてもろたよ』と申します。

そしてそのあと、座敷中をポンポンとびながら『先生に抱いてもろた、先生に抱いてもろた』と大はしゃぎです。

私まで嬉しくなってしまいました。

先生ありがとうございました」

この手紙をよんで、私自身驚きました。

何かなにげなく抱き上げたことが、ミツオくんにとっては、こんなにも嬉しいことであったとは思いもよらなかったのです。

私は手紙を何度もよみかえしながら、教室に行きました。

そして教室の中にはいりました。

すると、二三人の子どもが走ってくるなり、大きな声で、

「先生、ぼく、あさってやで。たのむよ。抱いてや」

「ぼくもやで」

と、言うのです。

誕生日の予告申し込みです。

その日から、私の学級では、その子どもの誕生日には、その子どもを抱きあげることになったのです。

『サスケと小さいサムライたち (1979年) (PHP books)』PHP

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら