1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」ことを言う。

2020.04.19

仏教における「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」ことを言う。

「四苦八苦(しくはっく)」

という言葉があるが、八つの「苦」がある。

四苦という、「死んでいく苦しみ」「病気の苦しみ」「老いの苦しみ」「生きる苦しみ」。

そして、八苦という、「心身を思うようにコントロールできない苦しみ」「親しい人といつか別れなければならない苦しみ」



「恨みや憎しみを抱いてしまう人と会わなければならない苦しみ」「お金や地位や名誉など、求めるものが手に入らない苦しみ」。

四耐四不訣もこれと同じで、思い通りにならないこと。

小林正観さんは、「耐える」とは言わず、「受け容れる」という。

それは「思い通りにしようとしないこと」でもある。

なんでも、自分の思い通りにしようとするから、苦しくなる。

なぜなら、人生のほとんどのことは、思い通りにはならないからだ。

だから、「ああ、そうなりましたか」「そうきましたか」といって淡々として受け容れる。

「冷・苦・煩・閑」を淡々として受け容れ…

どんなこともあっても、カッとしたり、

嬉しいことがあっても、はしゃぎまわったりせず、

人とむやみに競うのではなく、

だれかの言いなりになったり、すぐに同調したりしてはいけない。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら