1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「心不在焉、視而不見、聴而不聞、食而不知其味」

2020.04.11

中国の古典、「大学」の中に次のような言葉があります。

「心不在焉、視而不見、聴而不聞、食而不知其味」

(心、ここにあらざれば、見れども見えず、聞けども聞こえず、食らえどもその味を知らず)

心がここになくて、うわのそらだったら、何を見てもそれが見えないし、何を聞いても聞こえないし、何を食べてもその味がわからない。

意識がそこにいっていないからだ。

多くの人は見たいと欲するものしか見ない。

心がここにないということは、余裕がないということ。



余裕がないと、目の前のことに忙殺されてしまい、ものすごいチャンスが目の前を通り過ぎても見過ごしてしまう。

余裕がある人は、そこにどっぷり浸からず、物事を色々な角度から眺めることができる。

同時に、短期的にではなく長期的にものを見ることもできる。

また、枝葉ではなく、本質でものを見ることもできる。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら