1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「働きアリ」と「働かないアリ」

2020.04.08

『アリの巣を観察すると、大きく分けて2つのタイプに分かれるという。

「働きアリ」と「働かないアリ」だ。

「働きアリ」は、任された仕事を一生懸命にこなす。

巣を掃除し、エサを運び、せっせと働く。

「働かないアリ」は、ダラダラと何もせず過ごし、たまにぷらぷらと外を出歩く。

サボっているように見えて、たまに「バカでかいエサ」を見つけて、巣に戻って報告をする。

それを他のアリたちが運んできてくれる。

そんな「働かないアリ」であれ。

「働かないアリ」のように、お金や時間にとらわれない状態になると、チャンスが見えるようになる。

2時間でやるべきことを1時間で終わらせて、1時間を余らせること。

さらに、30分で終わらせることはできないかと考え続けること。

天才は「1%のひらめき」をして、凡人は「99%の努力」をする。』

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら