1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

試練とのセットで“開運の扉

2020.03.31

斎藤ひとりさんがこんな事を語ってます。


何があっても、神さまは私たちを愛している、未熟だからこそ愛してくれているのが神さまなんだと、私は確信を持っています。


なぜ、「自分は神さまに愛されている」という、私の想いがゆらがないのかというと...


理由の一つは、自分に起きてくる問題は、自分を進歩向上させようとして天の神さまが与えてくださったものなんだ、


自分をバージョンアップさせてくれる“階段”なんだ、ということを教わったおかげだと思っています。


自分をバージョンアップさせてくれる“階段”とは、どういうことかというと、たとえば、次のようなことです。



昔むかし、あるところに、一組のご夫婦がいました。

奥さんが、ものすごく口やかましい、俗に言う「悪妻」なんです。


そんな女性を妻にした男性は、こんな言葉を残しました。


「悪妻を持てば哲学者になれる」

この言葉を言ったのは、哲学者ソクラテスです。


「哲学者になれる」と言った通り、ソクラテスの人間性は悪妻のおかげで磨かれて、バージョンアップしたのです。


神さまは私たち人間を進歩向上させよう、もっと豊かに幸せになって欲しいと願って、試練を与えてくださる。


それも、ただつらい思いをさせるだけではないのです。


あなたが耐えられないような試練は、神さまはあなたにお与えにならない。


自分に乗り越えられるような試練しか、自分には与えられません。


しかも、試練とのセットで“開運の扉”も、必ず用意されているのです。


“開運の扉”とは何ですかって?


それは、あなたの心に安らぎをもたらしたり、明るく楽しい気持ちに切り替えてくれる何かです。


《神さまは私たちをバージョンアップさせるために試練を与える。しかも、その試練には“開運の扉”が用意されている。安心して前に進もう。》

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら