1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「迷ったときは、笑えるほうを選ぶ」

2020.03.29

『演出家でタレントのテリー伊藤さんは、「迷ったときは、笑えるほうを選ぶ」と言っています。

テリーさん曰く。

「日本人の買い物は、1万円を超えると、とたんに保守的になる」

値の張るものを買うとき、日本人はなぜか冒険をしなくなる。

それは面白くないと。

ならば自分は、「ノリがいいっていう着眼点でやっていくことにした」のだとか。

クルマを買うにしても、「この色のクルマで葬式に行っちゃまずいよな…」なとどは一切考えない。

そのかわり、「クリスマスパーティに自分が乗って行くとしたら、どのクルマが一番ウケる(笑ってもらえる)か?」という選び方をする。

もちろん、この「テリー流の選択基準」は業界人の感覚。

万人向けではないでしょう。

学ぶべきは「笑える選択」という部分。

「笑える選択」って、つまり「人を楽しませる選択」です。

それは、周りへのサービス精神の表れですね。

このサービス精神は、「成功へとつながるきっかけ」になりやすいということがポイントなのです。』

損か得かではなく…

面白いか、面白くないか。

楽しいか、楽しくないか。

笑えるか、笑えないか。

好きか、好きじゃないか。

うれしいか、うれしくないか。

ネタになるか、ネタにならないか。

「人生は面白がった者の勝ち」

損得で動く人は、つまらない。

とにかく損はしたくない、ムダなことは一切したくない、といつも思っているからですね。

だらか、お金でも、時間でも、働くことでも、ケチケチしている。

ようするに、「ケチくさい」ですよね。

「迷ったときは、得にならないほうを選ぶ」

どんなときも、面白がって、笑っている人には限りない魅力がありますよね。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら