1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「うばい合えばたらぬ わけ合えばあまる」

2020.02.27

「うばい合えばたらぬ わけ合えばあまる」

という相田みつを氏の言葉があります。

利己的な人だけがあつまり、利己的な行動の限りをつくすと、そのグループは自滅する。

うばい合えば足りぬ、と殺伐(さつばつ)として、最後はお互いに傷つけあうことになる。

それは、地獄と天国の話にもある話です。

天国にも地獄にもごちそうがふんだんにあるという。

食事の際には、長い箸(はし)を使う。

箸は、あまりに長いので、自分の口に持ってくることはできないが、相手の口には持っていくことはできる。

天国の住人たちは、その長い箸を使って、ニコニコしながら、お互いの口に御馳走を運んで、お互いに感謝しながら楽しく暮らしている。

しかし、地獄の住人たちは、われ先に、自分の口に御馳走を持ってこようとするが、一口も食べることができないため、みな殺気立って、ケンカが絶えず、怒鳴り声が鳴り響き、やせて骨と皮ばかりになっている。

地獄の住人は、自分のことしか考えない利己の人。

相手の利益になることや、相手が幸せになることなど、これっぽっちも考えていない。

「人間は利他性を強く意識することで、より利他的な生き方へと進化することが可能」だという。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら