1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「活を入れる」とは

2020.02.21

「活を入れる」とは、刺激を与えて元気づける、ということ。

柔道などでは、気絶した人の息を吹き返させる技のことをいう。

また、別に「喝を入れる」という言葉があるが、これは座禅で、僧侶が「喝!」と大声で言って持っている棒(警策・きょうさく)で修行者の背中を打つことが語源。

禅では、「喝」は叱るという意味で使うが、以心伝心、拈華微笑(ねんげみしょう)の世界だ。

相撲では、自分のまわしや頬っぺたをたたいたりして活を入れる。

柔道や剣道では、組み合うときや、試合中も大きな声をだす。

自分に気合を入れ、気力を奮い起こすためだ。

自分にムチを入れることでもある。

「水は低きに流れ、人は易(やす)きに流れる」という。

放っておいたら、楽な方へ楽な方へ流れてしまう。

「一日作(いちじつな)さざれば一日食らわず」

という禅の言葉がある。

百丈和尚が80歳になった時、炎天下でも畑仕事をしていたが、それを見て、弟子たちが健康を気遣って「作務をやめてください」と言った。

それでも百丈和尚は作務をやめなかったので、畑仕事の道具を取り上げてしまったところ、和尚は食事をとらなかったという。

その時に言った言葉がこの「一日作さざれば一日食わず」。

元気がなくなったら、自分で自分に活を入れたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら