1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

自分の弱さに勝つ

2020.02.20

自分の弱さに勝つことが大切。

ところがそう言うと、自分はそんなに強い人間ではないのです、と反論する方がいます。

そんなのは言い訳です。

人間なんて、みんな弱くて、ずるくて、悪いもの。

だから少しでもよくなろうと努力をするのじゃないですか。

生きるってことは、そういうことです。

なのに、みんな忘れている。

己が己が、俺が俺が、私が私が、そんなことばかり考えて、そのくせ、楽なほうへ、楽なほうへ行きたがる。

人の干渉を受けるのが嫌だからとか、面倒な思いをするのは嫌だからと、現実から逃げている。

気力はないのにプライドだけはあって、そのくせ自分で何かを得るための行動はしない。

最悪です。

だけど実のところ、人間というのはもともとそんなものなのです。

社会に適合して上手くやっているように見える人でも、裏を返せばみんな根はぐうたらで、だからこそ自分をコントロールしてなんとかやっていこうと努力している。

自分は大丈夫なんて思っていても、ふとしたきっかけで自信を失ったりすると、そういうぐうたらで投げやりな生活に陥る危険を、誰もがもっているのです。

ですから、どんな状況になっても、自分は駄目だなんて決めつけてはいけない。

そう思う前に、鏡をみて、身なりをこざっぱりとして、もう一度チャレンジしてみることです。

仕事がない、病気で動くのがしんどい、それはたしかに辛(つら)いでしょう。

だからといって全部を諦めることはない。

死にさえしなければ、少なくとも生きてさえいれば、何かしらのチャレンジはできます。

復活のチャンスは、必ずあるのです。

あとは自分自身がやるか、やらないか。

最近は聞かなくなってしまいましたが、私たちの時代には、ふんどしを締め直せ!とよく叱咤(しった)されたものです。

失敗をするのは気持ちがゆるんでいるからだ、気持ちがゆるんでいるのはふんどしがゆるいからだ、というわけです。

無理やりな理屈のようですが、これは私の飛行機乗りの経験からしても、けっこう一理あるなと思うのですよ。

かつてはそうやって活を入れてくれる人がいたものですが、いまはほとんどいなくなってしまった。

ならば、これからの時代は、自分で自分に活を入れなければならないのでしょう。 <茶道裏千家・大宗匠、千玄室>

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら