1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「自責」と「他責」

2019.12.12

「自責」と「他責」という言葉がある。

何か問題が起きたとき、その原因は自分にある、と考えるのが「自責」。

その反対に、問題が起きたとき、その原因は他人やまわりのせいだといって、人のせいにするのが「他責」。

「お前が悪いと指さす三本の指は、自分を指している」

という箴言(しんげん)がある。

三本の指だから、結果、その責めは、三倍になって返ってくる。

あるいは、相手より、自分に三倍非がある、ともいう。

「鏡に映るのは自分自身」

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら