1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

気持ちも明るく

2019.10.28

かつて浪越徳治郎(なみこしとくじろう)という指圧の名人がいました。

あのマリリン・モンローからマッサージを依頼されたほどの名人ですが、「指圧の心は母心。押せば命の泉湧く」という名セリフと、「ワッハッハ」という大笑いが印象的な人でした。

彼は、物事を否定的にとらえたり、悪く考えたりするから、肩が凝ったり、体内に悪いものが溜まるのだ、といっていましたが、とてもよくわかる話です。

ビートたけしのお兄さん、北野大さんは、科学者であり、明治大学の教授でもあります。

彼も浪越徳治郎と同じで、いつも笑顔です。

テレビでの話を聞いていても、後ろ向きなところがありません。

その場にいる人たちの心を、きゅっとつかんでいるように思えるのです。

物事をマイナスに見る人は、当然のことながら、周りの人たちをマイナス評価します。

だから人が集まってきません。

そういうタイプは陰気(いんき)です。

どこかで人をバカにしているだけに、次第に敵が多くなります。

ときには、味方と思っていた人が敵に回ることもあるでしょう。

これに対して、プラスに評価してくれる人は、たとえその人に叱られても、心の温かさが伝わってくるような気がします。

一緒にいれば居心地がよく、よても快適です。

なによりも笑顔で接してくれるので、こちらの気持ちも明るくなるのです。

もう一つ加えると、物事を肯定的に、プラス感覚でとらえられる人は、人物が大きく見えるものです。

周りに人が大勢あつまってくるのも当然といえます。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら