1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

遠きをはかる

2019.10.13

よく周囲から「48年も増収増益を続けてすごいですね。秘訣を教えて下さい」と言われます。

講演の依頼もたくさんきます。

でも、私は大概はお断りしています。

なぜなら、経営には即効薬はないからです。

私がお話できるのは、「当たり前のことを当たり前にやるしかない」ということだけです。

これでは、講演にならないでしょう。

今の経営者は即効薬を求め過ぎます。

奇を衒(てら)うような上手い儲け方があるのではないか、と虫のいい方法を探しているのです。

不景気で苦しいのだろうから、気持ちは分かります。

しかし、そんなものはありません。

枝葉をどんなに伸ばしても、幹が太くならないと、木は倒れてしまいます。

会社も同じです。

その会社が持っている経営理念、これこそが幹であり、変えることなく培っていかなければならないものです。

経営が行き詰ると、とかく新しいことを試みようとするものですが、その会社の原理原則に反することをやっても成功しません。

やはり遠きをはかって、地道に努力するしかありません。

大切なのは、どんな小さなことでもいいから、今できることからすぐに始めることです。

遠きをはかって「こうありたい。こういう会社にしたい」というビジョンを描いたら、いきなりそうはなれないのですから、「これくらいは今から準備してやっていこう」と考えて実行することが重要だと思います。

何百年も続いた老舗だって、最初から老舗だったわけではありません。

創業の志を守って、コツコツと商売のあるべき姿を追い求めてきたからこそ、現在の姿があるのです。

中小企業でもすぐにできることは、たくさんあります。

言葉遣いを良くする、丁寧な挨拶を心がける、掃除を徹底させる…これなら、お金もかけずに、今すぐにできるでしょう。

「そんなこと」と、バカにしてはいけません。

こうしたことが、ファンづくりにつながるのです。

伊那食品工業では、この三つは社員全員に実行させています。

今では、何も言わなくても、自然にできるまでになりました。

小さなことを軽んじることは、大きなことを軽んじることと同じです。

小さな間違いでも、積み重なっていけば大きな間違いになります。

逆に、小さくても良いことを行うと、好循環が生まれます。

少しだけでも良くなれば、「また、もう少し良くしよう」と考えるのが人間というものでしょう。

社員みんなが「もう少し良くしよう」と努力するようになったら、会社はどんどん良くなります。

ですから、私は小さいことにも口を出します。

たまに「会長はそういう細かいことまで口を出さないで結構です」と言われますが、そのような時には「何が小さくて、何が大きいのか、どうやって分かるのか」と問うことにしています。

大きなお金が動くことだけが、大きなことでしょうか。

多くの人に関わることだけが、大きなことでしょうか。

ささやかなことでも良いことを行うことは大きなことだと、私は思っています。

一個の商品に不良品が出たら、全品を回収しなければならなくなることもあります。

小さなことは大切なことなのです。

遠大な計画を立てても、実行できなければ、意味がありません。

むしろ、今できることを見つけて、そこからスタートする方が、よほど意味があります。

そう、何事も、大きな夢であっても、小さなことからで良いから、今始めなければと思います。



伊那食品工業会長、塚越寛氏

                   

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら