1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

初めての太陽系外惑星

2019.10.07

1995年...地球から約50光年(光速、つまり秒速30万kmで進んで50年かかる距離)先にあるペガスス座51番星(51ばんせい)系の惑星に、初めて太陽系外惑星が発見されました。

木星ほどの大きさだということでした。

太陽系外惑星とは、太陽の周りを回る地球などのような「恒星」ではない星が、太陽以外のところで回っているということです。

自ら光を発さないので、地球からの観測・発見が難しかったのですが、ついに発見され話題になりました。

人間には不可能なことなどないのではないか、そう思える発見でした。

目で見えぬのならば、ということで音波や光など、様々な方法が発案され、実験をして成功を収めてきたんですね。

「私たちにその夢を追う勇気があれば、すべての夢は実現する」

これはウォルト・ディズニーの言葉です。

宇宙のような壮大なことでなく、自分の人生の先を考えた時、目指している場所が必ずあるはずです。

そこへ辿り着くと信じ、勇気を持って一歩踏み出せば必ず叶います。

要するに「やるかやらないか」、だけの話なんですね。

まだ躊躇している人は一歩踏み出してみましょう。

50万光年先の光っていない星を発見することより難しいことなんて、そうそうあるもんじゃないです。

とにかく一歩踏み出す事が大事と自分に言い聞かせてます!

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら