1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

あり金は、全部使え

2019.10.06

子どもの頃、僕たちはイソップ物語の『アリとキリギリス』を聞かされた。

夏のあいだにコツコツ働き、充分な蓄えを準備したアリが生き延び、蓄えずに遊んでいたキリギリスは、飢え死にする。

そういう戒めを込めた物語だ。

冬になって食べ物を乞いにきたキリギリスを、アリが「見たことか」と門前で追い払う。

それを親や教師が、まるで絶対的な善であるかのように、子どもたちに擦り込む。

でも、僕には子どもの頃から疑問だった。

アリたちは、キリギリスを見捨てて、良かったのだろうか?

将来のことなど考えずに、「いま」を思い切り楽しむ人生。

それは、死んでも自業自得と言われるような、いけない選択だったのか?

アリたちだって、キリギリスの音楽を楽しんでいたのではないか?

『アリとキリギリス』は、僕たちが長く洗脳されている、「貯金信仰」の象徴的な話だ。

額に汗して働く人生が最善で、そうしなかった者は飢えても文句は言えないのだ、と説いているが、果たしてそれは真理だろうか。

生きていくために、蓄えは必須ではない。

それどころかむしろ、それは人生を委縮させる。

備えてばかりの人生を送るアリたちが、音楽や娯楽を楽しんだ方が、幸せに決まっている。

いま、文明やテクノロジーが進み、シェアリングエコノミーやブロックチェーンなどテクノロジーの進化によって、中央集権国家の奨励した「貯金信仰」の幻想が暴かれつつある。

誰もが蓄えをしない生き方を取り戻せる、絶好のチャンスだ。

僕はいろんなところで、お金は信用を数値化したものだと述べてきたが、いまお金の信用を裏づけるのは、使うことだ。

貯めているだけで、信用は裏づけされない。

お金を使うことで、あなた自身の価値が膨らみ、新たな生産の循環が生まれるのだ。

お金は信用を数値化した道具に過ぎない。

だが、使えば使うほど、信用の裏づけを強くする、公平で便利な道具でもある。

貯めているだけではいけない。

お金は本来、使うことが目的の道具だ。

あらためて問い直してほしい。

お金を貯めて、何をしたいのか?

もしものときのため?

きたるべき冬に備えて?

どちらも違うだろう。

もしものときに役立つのは、お金で培える知恵や、豊かな経験だ。

「アリとキリギリス」の世界は遠い過去だ。

食べ物がなくなる冬など、もう地上には存在しない。

いつでも腹いっぱい、安くて美味しい食べ物を食べられる。

じゃあなぜ、貯めるのか?

簡単だ。

「貯金信仰」にとらわれているだけだ。

古い時代からの幻想を、少しでも解いてもらうために、僕は本書をまとめた。

あり金は、全部使え!

それが、人としての信用を裏づけ、お金の本質を学ぶための最善策だ。

誤解されてはいけないが、1円残らず使いきり、ボロボロの貧乏人になれと、売れない芸術家みたいなことを言っているわけではない。

あり金をすべて使うつもりで、やるべきことをしよう。

そうすれば、お金に使われ続けるマインドからは、きっと脱出できる。 堀江貴文 

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら