1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

喜神

2019.09.24

心の奥深いところに喜びの気持ちを持つには、感謝の念がなければならない。

逆に、何事に対しても、「あたりまえ」と感謝をしなかったり、不平や不満の気持ちを持ったら心の中は冷え冷えとする。

我々は、何事もなく過ぎてゆく平穏無事な毎日に慣れてしまうと、感謝の気持ちが薄くなってしまう。

病気になったり、事業がうまくいかなくなったり、トラブルがあったりすると、その「あたりまえ」だったありがたさに気づく。

「ありがたさ」とは「有り難さ」で、有(あ)ることが稀(まれ)なこと。

「あたりまえ」の毎日は、実は本当は奇跡のように希なこと。

なかなか難しいことだが、よいことに対してはもちろんだが、悪いことにも感謝ができたら、心のなかに喜びの気持ちがわきあがってくる。

それが、いいことも、悪いことも甘んじて淡々と受ける、ということ。

心中に喜神を含めば、「ニコニコ顔で命がけ」となり、運も開ける。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら