1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

『金言童子教』

2019.08.26

江戸の教科書『金言童子教』は寺子屋で使われていた「品格を教えるテキスト」。

その中には、こんな言葉がある。


■訴訟を好むこと無(な)かれ、富を以(もっ)て貧しきを呑(の)むこと無かれ

人との争いを好み、訴訟などを起こしてはいけない。

また、自分に財力があることで貧しい者を圧倒してはいけない。


■身を終わるまで路(みち)を譲りても、百歩を枉(ま)げず(唐書・朱敬則伝)

人に道を譲ったとして、一生のうちに百歩までの損はない。

ゆえに道を譲ること。


■人を責(せ)むるの心を以(もっ)て、常に己(おのれ)を責(せ)むべし

人は自分に甘く、人に対して厳しくなりがちだが、自分に対しても厳しくありなさい。


いずれの箴言(しんげん)や金言も、そんなことしては品がない、という教えです。

箴言とは、戒(いまし)めや教訓となる短い言葉や格言のこと。


「言葉遣いが乱暴」「あたりかまわず大声で話したり、大笑いしたりする」「大きな口をあけてあくびをする」「人前で威張る」「お金のことばかり話をする」

といった、礼儀知らずだったり、余裕のない人は、「品がない」と思われる。

つまり、自己中心的で、他人のことを考えない人。


『「品格」とは、その人やその物に感じられるおごそかさや上品さをいう』

品がある人でありたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら