1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「頼まれごとの人生」

2019.08.21

小林正観さんの生き方は「頼まれごとの人生」だという。

自分から望むのではなく、誰かに頼まれたことを淡々とこなしていく。

頼まれたことを文句を言わずにやっていくと、自分の生き筋が見えてくるという。

「ああ、こういう方向で自分は(神さまから)動かされているのだ」と。

「来た球」も同じで、オファーがあったらそれを粛々(しゅくしゅく)とこなしていく。

PTAや町内の役でも、仕事や公的な役職でも、(お金を貸すとかは別にして)なんでも頼まれたら引き受ける。

頼まれるということは、その人にその実力が備わっているということ。

最初はうまくいかなくても、それをやっているうちに必ずなんとかなる。

反対に、好かれない人や、人気のない人には頼まれごとはやってこない。

そして、どうせ引き受けるなら、グズグズ、四の五の言わずにニッコリとして引き受ける。

そうすると、やがて、いつか自分の世界が広がっていることに気づく。


来た球はとりあえず打つ人でありたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら