1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

カレーライス?ライスカレー?

2019.07.01

ライスカレーかカレーライスか....

どっちだっていいようなものですが「カレーをライスの上にかけるんだからカレーライスが正解」と主張する向きが多い。

しかし、『日本三大洋食考』の著者、山本嘉次郎(1902~1974)はライスカレー派だし

織田作之助(1913~1947)の名作『夫婦善哉』で有名な大阪・難波新地の専門店「自由軒」も同様にライスカレー。

それに、この店のはカレーとご飯を「あんじょう、まむして(うまく、混ぜて)」皿盛りにして出します。

開業は明治43年(1910)。

山本嘉次郎によれば、日本の文献に初めて「らいすかれー」の文字がお目見えしたのは明治9年(1876)だとか。

同年夏、米国からウィリアム・スミス・クラーク博士(1826~1886)が札幌農学校へ着任。

当時の青年の体格が貧弱なのに驚いた博士は、洋食を奨励するため、寮生にライスカレー以外の米食を禁じました。

わずか8カ月余で同校を去ることになり、例の"Boys, be ambisious!"、という言葉を残したのです。

これが「少年よ、大志を抱け」と訳されたのですが...

じつは見送ってきた生徒たちがしょんぼりしているので、「諸君、しっかりしろ」と励ましただけ、との説もあります。

しかしこの正誤も、ライスカレーかカレーライスみたいに、もはやどうでもいいことでしょう。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら