1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「100%、自分が悪い」

2019.06.02

この世の中は、自力の後に他力あり。

 

他力を願っているだけじゃ、なんにも起きない。

 

わかりますか?

 

 

たとえば、流行ってるケーキ屋は、最初、ケーキやなんかを修行して、おいしいケーキが作れるようになった。

 

お金もためてたから、自分のお店も出せた。

 

お客さんを喜ばそうってこともやってる。

 

その結果、店が流行ってるんです。

 

 

高校野球だって、甲子園に出てる子たちのこと、みんなが応援するけど、あの子たちは、みんなが応援してくれるだけのことをやってきたんです。

 

休みもなく練習して、グラウンドで一生懸命、ボールおっかけたり、やってるから、みんなが応援するんだよ。

 

なんの努力もしてなくて、人のこと、「いいな、いいな」っていってるだけじゃ、自分の人生、なに一つよくならない。

 

 

ラーメン屋をやってて、もし、お客さんがこないんだとしたら、ラーメンがおいしくないか、笑顔でお客さんと接していないか、いずれにしろ、自分に問題があるんです。

 

それを改良すればいいだけの話なんであって。

 

ところが、お客さんがこないのは、「世の中が悪い」とか、「政治が悪い」とかいってたら、なにも改良しようとは思わない。

 

だから、「100%、自分が悪い」っていう。

 

そしたら、千手観音のごとく、あの手、この手が出てくるんです。

 

 

人間のからだは、肉体と精神でできてます。

 

肉体のほうは、食べ物からとる栄養から作られる。

 

精神は、考え方、思う言葉。

 

食事のバランスが悪いと病気になるけど、人間、よくない考え方をしても病気になる。

 

そしたら、自分が病気になっちゃったんだとしたら、食事のバランスが悪いか、自分の考え方が悪いか、どっちかです。

 

 

隣に住んでるおじさんのせいで、自分が病気になるわけじゃない。

 

お向かいのおばあちゃんのせいで、病気になったわけじゃないんです。

 

そうやって、自分の問題だ、って気づけば、人間、「食事を改良しよう」とか、「考え方を改良しよう」とかってなるよ。

 

「あの医者に問題がある」っていうなら、ヨソの病院に行くこともできるよね。

 

だから、しあわせに生きる方法って、いろいろあるんだ。

 

それをやればいい。

 

だけど、「自分が被害者だ」と思ったら、あの手、この手が出てこない。

 

そしたら、具合はなかなかよくならないよ。

 

でも、「100%、自分が悪い」と思えば、元気に生きられるんです。

                 斎藤 ひとり

 

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら