1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

千年もつ釘(くぎ)

2019.04.11

最後の宮大工であり、技術の人間国宝と言われる、松浦 昭次氏の
心に響く言葉より

鉄の釘も昔の釘のほうがいいから、
作ってくれる職人が必要です。
釘は金物屋に行けばいくらでもありますが、
今の釘は使えないんですよ。

釘を使う当初の強度面では大丈夫なのですが、
いかんせん、もちが悪い。
もってもせいぜい五十年でしょう。
百年もったという例がない。
その前にみんなボロボロに錆(さ)びてしまう。

しかし、昔の釘なら五百年でも、千年でも、もつ。
その実例もたくさんある。
それが「和釘(わくぎ)」と言われる釘です。
だから文化財にはどうしても和釘がいるんです。

和釘はふいごで炭を吹いて溶かした鉄を、
何度も鍛えて釘にしています。
軸(じく)の形は角張(かくば)っていて
角釘(かくくぎ)とも言います。

この和釘に含まれている不純物は
今の釘よりも多いのです。
しかし、和釘の耐久性は
今の釘よりもはるかにすぐれている。

見た目はどちらも鉄なのですが、
たいへんな違いがあるのです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら