1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

受け取らない修行

2019.02.25

お釈迦さまと弟子たちが托鉢して歩いているときのこと、ある町民が文句を言ってきました。

「おまえたちは托鉢と言いながら、人に物をもらって生きているではないか。
俺たちはこうして額に汗して働いているのに」
と、お釈迦さまは延々と続く文句を黙って聞いていました。

やがて町民が言い疲れて黙ると、お釈迦さまはやおら口を開きました。
「言いたいのはそれだけですか?」
「そうだ」
「じゃ、さようなら」。
そんなやりとりで、一行はその場を立ち去りました。

しかし、弟子たちは納得がいきません。
「お釈迦さま、どうして黙っていたのですか」と詰め寄ります。
お釈迦さまは言いました。
「おまえたちは、誰かが毒蛇を持ってきたら受け取るのか」
「まさか、受け取るわけがありません」

「受け取らなければ、その毒蛇は誰のものになる?」
「持ってきた人がそのまま持ち帰るしかないでしょう」

「そうだろう。だから先ほど私は悪口という毒蛇を受け取らなかったのだ。
悪口という汚れた心は、あの人が持って帰ったのだよ」

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら