1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

有難し

2019.02.21

「この宇宙に1個の生命細胞が、偶然に生まれる確率は、
宝くじを買って一億円が百万回連続で当るくらいまれなことだと言われています。
その細胞を、私たち人間は1人につき60兆個ももっている。
それほど私たちの存在は、有り難いことなのです」

我々が人間として生まれてくることは、気の遠くなるくらい、稀(まれ)で、奇跡的なこと。
もしかしたら、ほんの少しの間違えで、ミミズやハエとして生まれてきても、文句も言えないのだ。

それなのに、我々は、些細なことに目くじらを立てたり、不平不満を言ったりする。
奇跡の連続が続いたからこそ、我々は生まれてくることができた、と悟ったとき、感謝が生まれる。

だからこそ、自分を粗末にしてはいけない。
誰もが、無限大ともいえる数の人間や、他の生物の代わりに生まれてくることができたのだから。

「有り難し」という言葉の意味を、今一度かみしめたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら