1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

物事がうまくいかないのは

2019.01.26

ものごとがうまくいかない人のほとんどは、「言っていること」と、「やっていること」が一致していない人。

その上、「思っていること」まで一致していなかったら、それは絶望的にうまくいかない。

「言行不一致」と呼ばれる人だ。

行動が鈍(にぶ)い人のほとんどが、考えすぎる人だ。

失敗したらどうしよう、まだまだ穴があるからもっと準備しなければ、と考えているうちに行動に移せない。

「草履片々、木履片々(ぞうりかたがた、ぼくりかたがた)」という黒田官兵衛の言葉がある。

人は、危急存亡のとき、駆け出して気がついたら、片足が草履で、片足がゲタの状態のときがある。

そんな準備不足のときでさえ、決して振り返らず、走り出さなければならないことがある、という意味だ。

織田信長が本能寺の変で急死を遂げたとき、秀吉は、岡山県の備中高松城攻めをしていた。

この情報を知り、「本能寺に一番乗りした者が天下を取る」と、黒田官兵衛が秀吉に進言し、発した言葉だ。

とにもかくにも、何が何でも、早く行動するべし、と。

その結果、即座に講和し、全軍を本能寺に向かわせた。

全行程200kmをたったの5日で移動するという、伝説の「中国大返し」を強行し、その後、明智光秀を討ち、天下人へと上りつめた。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら