1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

郷中教育

2018.10.30

薩摩藩には、「郷中(ごうじゅう)教育」という武士の子どもたちに対する教育法があった。

それは、「負けるな」、「嘘をつくな」、「弱いものをいじめるな」といった武士道精神の教えだ。


つまり、惻隠(そくいん)の情を持ち、弱き者を助け、卑怯(ひきょう)を憎む、ということだ。

武士道では、敗者や弱者に対する思いやりや優しさは、最高の徳の一つと考えられていた。


齋藤一人さんは、「なめられてはいけない」とよく言うが、それは「負けるな」ということでもある。

自分のことを卑下(ひげ)するな、おどおどするな、もっと覇気(はき)を持て、ということだ。

そして、同時に大事なことは、「いばっちゃいけない」という。

イバるやつは、たいてい、弱い者いじめをしたり、嘘をつく。


惻隠の情を持つことは、徳を積むことなり。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら