1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

善と悪

2018.10.06

「水清ければ魚棲(うおす)まず」という言葉がある。

あまりに水がきれいなところは、プランクトンも繁殖せず、


したがって魚も住むことができない、ということ。

転じて、あまりに清廉潔白な人には、人は寄り付かないということでもある。


「清濁併(せいだくあわ)せ呑(の)む」とは、善も悪もへだてなく、あわせて飲み込む度量の広さを言うが、


まさに人の生き方も、あまりに清廉潔白すぎると窮屈になる。

この世は、善もあれば悪もある。

悪あることを知ってなお、善であり続けようとするのがこの世の修行。


どんなときも、自らの魂を磨き続ける人でありたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら