1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

武士の心得

2018.07.11

戦国時代の戦場は緊張の連続です。

昼夜の別なく、いつ敵が来襲するかわかりません。

まさに一寸先は闇の世界。ですから、武士はつねに臨戦態勢をとっていました。

油断大敵というわけです。したがって、食事は早食いが保身のために必要だったのです。

とくに、朝食は早くすませました。一刻も早く出陣の準備をするためと、敵の不意討ちに備えるためです。

また、食事中に敵が襲ってきた場合には、ただちに箸を槍や鉄砲に持ちかえなければならず、食事どころの騒ぎではなくなります。

そんなときのために、予備として5合の干し飯や干しみその食糧を腰に下げていました。

そして、武士は満腹になるほど食べませんでした。

理由は、満腹状態で走り出すと息切れしますし、頭の回転、動作もにぶくなるからです。

また、満腹で腰に鉄砲玉を受けると、討ち死にする例が多かったといいます。

さらに、満腹で出陣した場合には、かえって空腹感が早まり、疲れやすくなるそうです。

これらの話は、じつは戦国武士が数々の戦いのなかから得た、生き残りの知恵なのです。

敵陣を目前に食事をとる場合には、情勢を見定め、武士の3分の1を警戒に出し、残りの者は立ち食いですませたといいます。

サラリーマン戦国時代でいえば、駅前の立ち食いそばや牛丼をかき込んで、会社や得意先に出陣する社員のようなかっこうです。

「腹が減っては戦ができぬ」ということわざがありますが、食べたものは、かならず出ます。

では、大のほうはどうだったのでしょう。たいがいは野〇〇でした。小川があれば、そこで垂れ流していたでしょう。

紙などありませんから草でふき、終われば土をかけておく。

うっかりすると、他人のを踏んでしまうウンの悪い人もいたかもしれません。

いずれにせよ、食事や脱糞といったスキだらけの行為は、できるだけ早くすませたのです。

つまり、「早食い、早グソ、早走り」が戦場での日常行動だったのです。

今の時代に生まれたことに感謝します(^^♪

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら