1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

お札の寿命

2018.07.07

お札は日本銀行が大蔵省の印刷局に発注

印刷局で印刷、検査、裁断(1枚ごとに機械で切る)し

でき上がったお札を日本銀行が引き取ります。

そして、日本銀行券として発行されることは、ご存じのとおりです。


ところで、お札は日本銀行の窓口から一日に、多いときで2億枚も出ていきます。

金額にして1兆3000億円。

こんなに毎日大量のお札が出回ったら、1カ月(25日として)50億枚にもなる計算。それが1年、2年……。 


でも、ご安心。お札の寿命は長くて3年。

日本銀行の窓口には、市場で疲れ果てたお札が大量に戻ってきます。

ですから、市場に出回っているのは、つねにだいたい約40億枚、約20兆円といわれています。


さて、この市場にあるお札を横につなぐと、月と地球を往復する長さに相当。

積み上げると、なんと富士山の100倍にもなるそうです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら