1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

お城に松の木が多いのは?

2018.06.03


松は昔、美観、風致というより、栄養食、非常食として利用されていました。

松葉は殺菌力があることでも知られていますが、

とくに葉緑素やビタミン、ミネラルも含まれて、食べるほうに重きをおいていました。

中国には松の葉や実、樹脂だけを食べて仙人になった、などという話もあるくらいです。

日本でも、古くから松の葉や皮は凶作のときに食用にしてきました。

松の荒い皮を取り除き、白い部分の生皮を臼でついて水に浸し、密閉しておくと、

やがて苦みや臭みが抜けます。

その汁を皮でこして干すと粉ができるので、

その粉を麦の粉などに混ぜて餅をつくりました。

こうして手間をかけて、だんごや香煎もつくって食べました。

すべては飢饉対策の知恵だったんですね。

江戸時代の農民を苦しめた近世の3大飢饉といわれる

享保17年(1732)、天明2年(1782)、天保4年(1833)のときには、

街道の松並木が丸裸にされたほどだといいます。

想像しただけでも恐ろしい光景です。

ことに戦国時代では、城を大軍に幾日も包囲され、

城に立てこもって抗戦することもしばしばです。

城ですから、死守を覚悟で戦うわけですが、相手は城内の食糧がなくなるのを待つ持久戦法できます。

いわゆる兵糧攻めという戦法ですが、そのとき役立つのが松の木なのです。

非常事態に備えて、蓄えた梅干し、みそなどがなくなり、

庭木、草、茎、根も食べ、最後に城の美観も兼ねた松の木に手が伸びるんですね。

ただの防風林や景観だけのイメージでしたが♬

果たしてどんな味なんだろう...松の木(笑)

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら