1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

猿田彦珈琲って知ってますか?

2018.05.23


ある調査によると、老後に手がけたい商売のベスト5に入るのが喫茶店らしい。

わりと手軽に開業できると思われているからでしょうか。

ちなみに...

わが国に初のハイカラなコーヒー店が

東京・下谷西黒門町(台東区上野2丁目)にできたのは、

明治21年(1888)のこと。

可否(コーヒー)茶館と粋な名がつけられ、

経営者は鄭水寧氏という中国の人でした。

青ペンキで塗られた洋館で、1階はどリヤード、2階が喫茶店でした。

現在、喫茶店で飲むコーヒーは200~500円前後ですが、

この可否茶館のコーヒー代は一杯5厘で、

このほか、いわゆるテーブルチャージ料として1銭5厘支払いました。

可否茶館の店内には新聞や遊び道具が置かれ、

学生向きの文房具店や女性用更衣室までありました。

また、インテリア・調度品にも凝り、丸テーブル、藤制いす、ランプなど、

サロン風の雰囲気づくりに一役買っていたようです。

しかし、話題性には富んでいたものの、なぜか客足のほうはイマイチで、

オープンして3年目に休業してしまったらしい。



先日TVで..猿田彦珈琲の社長が出てて

「珈琲屋さんは儲からない...どうしたら儲かるかって考えてたら楽しくなってきた」らしい♬

そんな中..あっという間に猿田彦珈琲は.....年商6億突破!!!!!

どんなして?

答えはコラボ戦略でした♬

HISの中に店舗展開や本屋とコラボ...人集まる場所での店舗展開

最近は吉田カバンと提携して、出涸らし珈琲染カバンの制作など...

目の付け所が斬新で...儲からない伝説を一挙解決

社長は元俳優らしく名前は忘れました(笑)




CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら