1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

土光敏夫氏に学ぶ!

2018.06.17

今回は土光敏夫(どこう・としお)氏の言葉を紹介します。

   「一日一日にけじめをつける」

一日一日にけじめをつけていこう。きょうのことは、きょうやってしまおう。

これは、忙しいとか暇があるとかの時間の問題ではない。志の問題である。

「あしたにしよう」という弱い心に、自ら鞭を打て。あしたという日には、またあしたやるべきことが待っている。

   「仕事に責任を持つ」

若いころのぼくは、ガチガチの男ではなかったよ。(略)仕事に関しても、それほど気張ってやったとは思わない。

ただ、自分の専門に関しては、人から指一本でもさされぬように、肝に銘じてやってきた。

社長だろうが会長だろうが、自分の社の納めた機械について、

たとえ休日でもクレームがあればとんでいくぐらいの勇気をもつべきだ。ぼくはそれをつねに実行してきた。  

   「仕事の報酬は仕事である」

賃金は不満を減らすことはできても満足を増やすことはできない。

満足を増やすことのできるのは仕事そのものだといわねばならぬ。

どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、

人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。仕事の種類や程度よりも、仕事のやり方が問題にされねばならぬ。


我々はとかく給料を仕事の成果の尺度にしがちです。

しかしこのような考えでは、土光氏の考えに基づけば

永遠に満足することができないということになります。

これはアメリカの心理学者、ハーズバーグが語る動機理論にもあるように、

賃金は高いモチベーションへと導くものにはなり得ない、ということでしょう。

土光氏は技術屋として入社したにもかかわらず、

国を率いるリーダーとして活躍するに至りました。

彼の足跡は

原理原則に従い成果を出すことで

大きな貢献を成し遂げることができる、という勇気を私たちに与えてくれると思います。

先の見えない景気の低迷が続く今、「ミスター合理化」に見習うべきとところは少なくありません。



              (引用元:『土光敏夫 信念の言葉』、PHP研究所編)





CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら